旅行

2013年8月30日 (金)

碓氷峠の峠の湯

昨日ネットを見ていたら碓氷峠の峠の湯が放火によって焼失したという情報が出ていた。
7月末の話らしい。私が最後に行ったのは昨年の10月か11月頃だった。安中市では再建するという話のようだけど、いつになるのか。淋しいばかりである。
しかし、碓氷峠周りのニュースって最近いい事悪い事含めて沢山出て来ているよね。最初はトロッコ列車の機関車故障で峠の湯まで行けないという事から始まり、アプトの道が終点の熊ノ平まで開業した事。トロッコ列車が機関車新造で復活した事、そして最後は、峠の湯の焼失この9月から11月の間に訪れたいと思っていたので非常に残念である。
早く復興する事を祈ります。

| | コメント (0)

2013年5月 4日 (土)

軽井沢へ行った

今日は朝から新幹線で軽井沢へ行った。11時頃、軽井沢へ到着し、その後自転車を借りて軽井沢の街をうろつき、帰ってきた。熊野神社とか、中軽井沢駅とか、千代田荘とかへ行ってきた。

| | コメント (0)

2012年5月 5日 (土)

鎌倉へ行った

今日は天気も良く気温も暖かかったので、鎌倉へ行ってきた。
先日TVで見ていた鎌倉頭巾を買ってきた。

| | コメント (0)

2012年4月29日 (日)

碓氷峠へ行った

今日は朝から碓氷峠へ行った。東京駅から新幹線で高崎へ行ってそこから信越線でアプローチした。
今回の目的は今月初めに開通した熊ノ平跡地の見学が大きな目的である。
実際に行ってみると、ロープが張られていて入れるエリアがかなり限定されている状態だった。

| | コメント (0)

2012年1月 8日 (日)

久留里線の旅

今日は朝730分に知人(今日はお疲れ様でした。付き合ってくれて有り難う御座います)と越中島駅で待ち合わせをして、京葉線と内房線を使って木更津へ向かい。木更津から久留里線に乗って、同線の撮影をしてきた。

今日はキハ30系の2連連結した編成が走っていた。連休の中日という事もあり、人が多く来ていた。

久留里線は木更津から上総亀山の間を走っている路線で、久留里でタブレットの交換をするという事は有名だったが、今日のコースは、木更津から乗車し、東横田へ向かった。東横田で下車後、東横田~馬来田間で撮影後、横田~東横田間に移動し、撮影。
その後、横田にて列車の入れ替えを見てから帰って来た。

久留里線は、久留里以外に、横田でもタブレット交換をしているため、今回は久留里まで行かずに、横田にてタブレット交換を見て帰ってきた。

ちなみに次回は、烏山線とか日光線にも乗ったことがないので乗ってみたいなと思った。

| | コメント (0)

2011年11月13日 (日)

碓氷峠旅行

春に続き碓氷峠へ行ってきた。
現在、横川・軽井沢間の観光地の写真集を作成しているその資料集めである。

今朝は朝6時起床で出かけるつもりだったが、結局起床は9時。3時間遅れで出かけた。
家を出たのが極端に遅くなったので往復新幹線を利用した。初めてのことである。
いつも帰りの新幹線の指定が取れないので今回は事前に行きの列車の中でモバイルSuicaで切符を手配した。指定席で5000円だった。

行きは、東京から新幹線で高崎へ。高崎から信越線で横川へ向かった。
東京駅の新幹線ホームに到着すると丁度E5系はやぶさが出発するところだった。東京駅でE5系のはやぶさを見るのは初めてだった。デザインや塗装が違うのでひときわ輝いて見えた(のは気のせいかもしれないケド)

その後、横川~坂本のエリアで観光施設の写真撮影をした。
滞在時間が短かったため、手短にする予定だったが、観光地の1つ麻苧の滝自然公園が思ったより整備されてなかったため手間取ってしまった。
その後、中山道を峠の湯まで歩き、峠の湯で休憩して、帰ってきたんだけど、カメラを忘れて、峠の湯へ戻った。改めてアプトの道を歩いて来たんだけど、結局横川発軽井沢行きのバスに間に合わず、横川~軽井沢の移動がタクシーになってしまった。

通常バスを使うと、500円だけど、同じ区間をタクシーで移動すると、10倍の5000円かかる事が判明。
結局、軽井沢からは予約していたあさまで帰ってきた。

| | コメント (0)

2011年6月26日 (日)

高崎・水上・長岡旅行

6月25日と6月26日の2日間、JR東日本のウィークエンドデーパスを利用して高崎、水上、長岡旅行へ行ってきた。泊まりがけで鉄道旅行へ行くのは初めてだったりする。

1日目
朝7時に上野駅に集合して、赤羽へ移動、その後、赤羽から草津に乗車し、高崎へ。赤羽からの方が金額が安いらしい。
高崎から各駅停車に乗車し、上越線の駅を途中下車しながら水上へ向かう。途中C61の通過を撮影したり、また、停車中のC61を追い越したりしながら進んだ。
そして、水上到着。
C61よりも速い列車で水上に到着しているので、改札を出てゆっくり転車台へ向かった。
停車台の周辺にはまだ、人がいない。2、3人いる程度だった。

その後、C61が転車台へ。この頃には転車台周りにはものすごい事になっていた。

写真撮影をして、水上に戻り、食事後、C61に乗って高崎へ戻った。
高崎で、食事をして、ホテルへ向かった。
これで1日目終了。

2日目
朝6時にホテルロビーに集合し、高崎機関区へ向かった。
機関区周りの撮影をして、一度ホテルに戻って、荷物を受け取り、高崎駅へ。
高崎駅から、高崎発水上行きの上越線へ乗車し、水上へ向かった。
水上到着後、水上発長岡行きの上越線で長岡へ向かう。
上越線は、水上までは行った事があったけど、水上より先は初乗車になった。
水上を出発し、上越国境を越えたあたりから雨が降り出し、長岡到着時には土砂降りになっていた。
長岡到着後東京行きの新幹線で帰ってきた。
とても楽しい旅行だった。また、行きたいと思った。今回利用したのはJR東日本のウィークエンドパスだけど、大人8700円でJR東日本の決められたエリア内であれば、普通列車の乗り降り自由で、新幹線や特急には、特急券を別途購入すれば乗車可能という物で、期限は、9月25日までの土休日の連続する2日間が対象になるようである。

| | コメント (0)

2011年6月24日 (金)

明日と明後日は

明日と明後日は友達と水上へ行く。
SL C61-20が復活したのを受けてイベントが開催されているためである。(正確には群馬ディスティネーションというイベントのため)

しかし、天気は雨になる模様。
残念。
でも、楽しみ。

| | コメント (0)

2011年5月 4日 (水)

横軽

今日は横川へ遊びに行った。昨日の夜突然思い立ったんだけど、昨晩結局2時頃までパソコンしてて、それから寝て、起きたら4時頃、1時間ほど布団の上でごろごろして、起きてパソコンいじってから、横川へ。当初は新幹線で高崎へ向かう予定だったんだけど変更して、上野から高崎線グリーン車になった。

高崎付近では、旧客4両がPC庫に置かれていると思ったら、12系も居て、SL試運転という幕になっていた。

横川到着後写真撮影する為に諏訪神社と沈砂池の捜索をする予定だったんだけどすんなり発見。その後、旧信越本線廃線跡へ戻ってきて、遊歩道を歩いていたら、避線跡のあたりの雑草が刈られていて、避線跡の看板がくっきり見えていた。また、第七カルバートのだいたいの場所も特定できた。碓氷湖周りの散策も順調だったんだけど、途中でカメラの電池がなくなり、坂本宿周りの調査だけ出来なかった。

という事で坂本宿周りの調査は次回へ持ち越しとなった。


ちなみに今回横川へ行くに当たり現地の気温調査を行っている。
昨日5月3日の東京の気温が最高23℃、最低14℃これを基準にした。
本日5月4日の予報は横川の気温が最高が23℃、最低が11℃(日中は東京都変わらない)ちなみに軽井沢は最高が15℃、最低が6℃という事でちょっと寒かった。

通常は寒い事が前提でジャンパーを持って行くのだけどこの調査を反映してジャンパーなしで行ったら丁度良かった。というか。セーターがあって暑かった。

かなり参考になるかもって思った。
参考にするにはYahooで郵便番号を入れるだけで確認できる。
横川が379-0301
軽井沢が389-0104
である。

| | コメント (0)

2011年4月24日 (日)

碓氷峠鉄道文化むら

本当は、この土日を利用して横川へ行く予定だった。しかし、ここのところの震災の影響で取りやめている。
5月に入ったら行けるようになるかわからないが。

横川では、文化むら内では、鉄道展示館の工事が順調に進んでいるらしい。完成するとどのように変わるのか。とても気になる。現在リニューアルしている場所は、鉄道展示館の中で一番軽井沢寄りの場所であるわけだが、その建屋内には、ED42や鉄道部品などが無造作にい置かれている場所だった。その後整理されたりしていたようだが。ED42は今回の工事に合わせて、建屋外に引き出されている模様。

今回の工事で建屋内は、以前と比べてかなりグレードアップしていると思われるが、果たしてこの中でいったい何をするスペースとなるのかが一番気になるところである。

単に機関車の展示という事はもちろんであるが、スペース的には+α何かがあるのではないかと思われる。

従来の鉄道展示館内のED42の展示スペースは、丁度ED42を横から撮影しようとすると、柱が中心に入ってしまい撮影が難しい場所だった。このあたりを今回のリニューアル工事で改善するように工事がされているととても嬉しい。

現在のところ、ゴールデンウィークに向けて公開されるという情報がホームページに載っている。私は、ゴールデンウィークに現地に行く事が出来るのか。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧