将来への妄想

2010年1月 3日 (日)

羽田新幹線について

昨年、国土省大臣が羽田へ新幹線を走らせられないかという打診をJR東海へ依頼し、断られたらしい。

背景は色々あるらしいけど、でも、この話って、東京-羽田間には、新幹線を走らせるよりも、在来線を走らせた方がいいのではないだろうか。

ここで、羽田空港アクセスについて、私の妄想をお話ししたいと思う。

新幹線の場合、想定できるルートは、東京方面から新幹線の回送線を通って大井の新幹線車両基地脇を通り、羽田空港へというルートになるわけであるが、このルートの場合、色々と無理があるようである。

まず、東海道新幹線のみが走行できるルートである事、さらには、東京駅側からのみアクセスできる事。仮に、JR東日本の新幹線と直通運転をしたとしても、電圧などの問題があり、現在のルートの場合、長野新幹線しか直通運転できない?などである。

その点、在来線の場合、成田エクスプレスに代表されるように関東各地から羽田空港へアクセスできる利点がある。この点を最大限活用する事で、有効な手段になるはずである。

例えば新幹線の線路(標準軌)にて配線した場合、新幹線で東京から羽田空港へアクセスする事は出来るようになるけど、それは、東京と羽田の往復をするだけで、東京以外の場所に行きたい時には当然乗り換えが必要になるわけである。

その点、在来線の場合、横浜、大宮、高尾、千葉などの各地と羽田空港を結ぶ事が出来る。成田エクスプレスがいい例である。成田エクスプレスの場合、最高速度が130キロだったけど、羽田空港の場合、130キロ出来る場所がない事などもあり、最高速度は120キロ程度でも問題はないと考える。

ルートとしては、終点駅を羽田空港とした時に、始発駅を考える必要があるんだけど始発駅候補としては、1として小田原、大船、横浜。2として日光、大宮、高尾、池袋、新宿、3として東京、千葉などである。

使用する車両については、汎用性を考慮して、将来の185系の置き換えとしても利用するE261系電車とする。編成の長さは6両編成とする。(E261系は185系の置き換え用なので6両編成、10両編成が存在するが羽田空港アクセス用としては6両という意味である)ちなみにここで6両としているのは日光へのアクセスを考慮している為である。

運行ルートとしては、1の始発列車の場合、東海道線を通り、鶴見から貨物線を経由して南武線へ転線し、八丁畷を通り、川崎新町から貨物線へ転線し、浜川崎脇を通り、新鶴見機関区川崎派出所脇からトンネルに入り、羽田空港へ接続するルートである。

2の始発駅の場合、湘南新宿ラインを通り、新川崎へと向かい、新川崎から貨物線を通り、尻手へと向かう。後は1のコースと同様なルートになる訳である。

3の始発駅の場合、横須賀線を経由して新川崎へ向かいその後は2のルートと同様である。問題なのは2と3のルートを利用する場合、新川崎と尻手間の貨物線が単線なので途中で入れ替えが生じる点である。

| | コメント (2)

2009年7月 6日 (月)

国鉄形車両の在籍

先日485系あいづが運転された事を受けてと言うわけではないけど、現在、国鉄色の国鉄形車両ってJR東に何編成存在するか思いついた物を上げてみた。調べたわけではないので違っているかもしれないけど。

●583系
 →秋田車両センター1編成、仙台車両センター1編成

●485系
 →新潟車両センター1編成、

●189系
 →幕張車両センター1編成

●489系
 →なし

489系はJR東には存在しないけど、JR西から1編成能登で来ている編成がいるので、これを1編成とすると、全部で5編成と言う事になる。

5編成いると、例えば上野駅を同時刻に出発する編成が2編成ずついても平気だよね。
例えば、午前8時に「583系みちのく」と485系「つばさ」が同時発車して、みちのくは常磐線経由で運転され、つばさは東北本線経由で運転される為、上野駅で同時発車が実現可能である。
更に、午前9時には「583系ひばり」と「189系あさま」がそれぞれ同時発車なんかも可能である。583系ひばりは東北線経由で、189系あさまは信越線経由なので、こちらも同時発車可能である。
そして最後は、午前10時に、「489系はくたか」が発車する。こちらは上越線経由で運転する。

こんなイベントがあったらいいな。
絶対やらないと思うけど、これから夏休みだし。

| | コメント (0)

国鉄形特急イベント

かつて上野駅は485系や583系、189系などが発車する駅だった。東京界隈で特急列車の写真を撮りたい時は上野駅へと言うように何時に行っても何かしらの特急が止まっている駅だった。時には同時発車などもある駅だった。

新幹線の開業によりなくなっちゃったけど。

今日、あいづのイベントを見ていて思ったのだけど、国鉄形の189系、485系、489系、583系などが現役のうちに、上野駅にかつてのように特急列車を集めるイベントをしてほしい。

なんなら185系も上野口の新特急色に塗り直してもいいかも。

絶対やらないだろうけど。

| | コメント (0)

2009年6月15日 (月)

携帯端末について

近年、日本では携帯電話が一人1台の時代になり、携帯電話利用者が爆発的に増えている。そうした中、製造メーカー各社も端末の作りに力を入れ始めている。

例えばゲーム端末も携帯型のゲーム端末が増えている。
以前は、電子手帳なるものがあり、スケジュール管理や辞書などがあり、便利に使えていた。しかし、最近はそれらがなくなり、携帯電話に取って代わられている。
でも、携帯電話って液晶小さいし、ボタンも押しづらいし、あまりいいところないよね。
一方、任天堂DSをはじめとする携帯ゲーム端末は、結構使いやすい。

そこで、任天堂DSに、電子手帳用ソフトを作り、市販したらいいのではと思った。

任天堂DSであれば値段も安いし、無線LANも付いているし、ブラウザやメールもやり取りできるはずである。現状のDSで不足しているのはフェリカがない事。これを追加すれば、日常使う端末として十分利用できるものになるはずである。

| | コメント (1)

2009年6月11日 (木)

列車のTVについて

最近の通勤列車(特にJR)では、ドアの上に液晶パネルがあり、そこでTVの動画が音声なしで流れている。しかし、特急列車にはグリーン車などを除くと、座席でtvを見る設備は、意外とない。そこで思ったこと。

例えば特急列車の場合、普通席や指定席では、席毎にtvをつける事は難しいと思うが、列車の前後についているデッキと客席との間にある壁に液晶パネルを2台ずつ4台設置し、そこで映画や前面展望などの動画を流して、音声に関しては、FMラジオの電波で車内のみに電波を流して、ウォークマンなどの機器で音声を聞いてもらう方法が可能であればベストではないかと思った。

仮に対応するウォークマンをもっていない人には、駅のキオスクや社内で機材を販売してもOKだと思う。まあ、1台買えばずーと使えるし、ただし、車両ごとで放映される内容が固定されるため、見たい番組が見れないなどの問題が発生することは避けられないが。

放送する内容も、通常のTVの放送とは別に、鉄道番組をJRで作成して放映しても面白いかもしれない現在JRの車両は、高速車両が増えてきているので車両の置き換えをする際に製造する車両数は現行の車両数より、確実に少なくなっている。という事は、車両基地もトータル的に見ると、省スペース化が可能になってきている。
という事は空きスペースが出来るという事で、その空きスペースを使って映像製作スタジオを作り、そこで作成した番組を列車内で放映するということも可能である。
また、放映した番組は、後でDVDなどを作成して販売することも可能であり、ある意味JRの新しい売り上げ元になるはずである。

| | コメント (0)

2009年6月10日 (水)

携帯電話

携帯電話の買い替え台数が前年比に比べてかなり落ち込んでいるらしい。
1台の携帯電話を大事に使っているということはいいことだけど。その反面、機種の値段が高くなっているのも事実である。

私は元々DOCOMOのユーザーで会社を辞める直前にAUに切り替えている。一番最初に買ったのは、就職した直後、端末の値段が買取で6万円ぐらいしたように記憶している。
サイズも今のと違ってすごく大きくて、重かった。その後DOCOMOの携帯は会社でもらえるようになるまでの間、自分で機種変更をしていたけど、大体1年半に1回程度変えていた。

その際に機種変更という事なのに無条件で携帯電話を取り上げられるような事態になっていて、DOCOMOの受付の人に古い機種返してって言ったら、回収する決まりになっているとの事。
いわゆる取り上げであり、それで新しい機種を値引きするかというと、その値引きは、一切ない定価で販売された。これもちょっと問題な気がした
その後会社でもらえるようになったので、以後会社からの携帯を利用していた。
auにしてからは、端末は返してくれて、追加購入という形で新しい電話機だけ購入する様になった。でも最近思うのは携帯電話の機種って値段がとても高い。1台5万円以上する機種もある。

そんな中、最近注目しているのはIEEE802.11の無線LANである。駅や地下通路、喫茶店やレストラン、など、公共の場所にアクセスポイントを設置し無料で利用できるようにすれば、携帯電話なんて持たなくてもOKな時代になるのではないかと思っている。
端末としては、携帯電話の端末のようなものを持って移動する。その端末はタッチパネル式の液晶画面付き端末と、キーボード付き端末を用意する。通信はIEEE802.11を利用して通信するので当然外では通信できないけど建物の中では通信可能。
問題なのは、ペースメーカーを付けた人って、IEEE802.11の電波って大丈夫なのだろうか?これさえクリアすればかなり有効な手段になりえると思う。

| | コメント (0)

2008年11月12日 (水)

こんな施設があったらいいな

先日墨田区の墨東病院で出産間近の妊婦の受け入れ拒否があり、妊婦が死亡した事件がありました。私の自宅は千代田区で実家が江東区でいずれも墨田区の近くです。
まあ、私は結婚していませんし、今後も結婚しないのですが、それは置いといて、こんな事故が起きると、可哀想だなと思うわけです。

どうしたらこんな事故がなくせるのかについて私なりに考えてみました。
ちなみに予算の事は全く考えていません。

題して「地方の町全体を出産用の施設として提供してもらう計画です。」
その町に住んでいる方には申し訳ありませんが、町の中に大型の病院と宿泊施設を作ります。

大型の病院は当然妊婦専用です。それ以外の方はお断りです。しかし、体に関するありとあらゆる箇所を診断できるように設備を整えます。
宿泊施設も妊婦と妊婦の家族用です。

システムとしては
まず、妊娠間近(←この妊娠間近というのが具体的にどのぐらいのタイミングなのかわかりませんが)の女性は希望すると宿泊施設に入居可能になります。その後何日間か宿泊施設で生活していただき、、妊娠間近(来週生まれるなど)の予定が経った時点で病院に移っていただきます。医師は4交代制で病院と宿泊施設に勤務し、緊急の場合はどちらでも出産可能にします。

この場合宿泊施設と病院との違いは病院は産婦人科以外の科も設置させていますので、妊婦が体調不良を起こしても対応できます。
一方宿泊施設で体調不良を起こした場合には、病院に搬送し対応すると言う形か、医師が宿泊施設に出向いて対応する形とします。

こうする事で、安心して出産に望めるのではないでしょうか。

出産後は3日間ぐらいは病院で様子を見て、問題が無ければ退院となりますが、退院後は1週間ぐらいは宿泊施設で滞在して頂き状態を見て帰宅して頂くとする事で安全な医療が実現するのではないでしょうか。

と思いました。

| | コメント (0)