« 9月新製品八甲田 | トップページ | E235系配属先の予想 »

2014年7月 3日 (木)

E235系発表

JR東日本によると、来年(2015年)秋頃E235系が山手線用として登場するそうな。実はこの話以前から噂があった話である。JR品川駅に隣接する田町電車区が解体され、車両基地の一部がなくなるという話は既に有名な話だけど、この解体に合わせて、JR品川駅と京急品川駅に挟まれて作られているいわゆる電留線がある。ここは午前8時ごろから9時頃にかけて山手線の車両を一時留置する場所であるが、この線も解体されるらしい。そうなると、現在の山手線54編成では運用上不足の車両が発生するようで、これを補うため、新たにE235系を製造するという事らしい。
しかし、ここで疑問なのが、このE235系製造するのは10両で残り1両はE231系500番に組み込まれているサハの車両を取り出して改造した上で組み込むらしい。
編成が足りないからE235系を作るのにE231系から車両を転用しちゃダメじゃんって思った。1編成ぐらいはまともな編成で製造して欲しいと思った。

|

« 9月新製品八甲田 | トップページ | E235系配属先の予想 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月新製品八甲田 | トップページ | E235系配属先の予想 »