« 総本山へ行った | トップページ | KATOカタログ購入 »

2013年12月10日 (火)

東北縦貫線

先日JR東日本より東北縦貫線の正式名称が「上野東京ライン」になる発表になった。
これは上野から東京間の間に宇都宮線、高崎線、常磐線を通して東海道線と直通運転をするという物である。
開業は2014年度末と言う事のようである。1時間あたり15本(当初)、翌年からは最大20本にするらしい。直通する路線は、宇都宮線、高崎線、常磐線が東海道線へ直通となるけど、どの路線が一番多く乗り入れるのかという点に注目したいんだけど、私的には常磐線に注目と言いたいところだけど、ただ、常磐線は中距離線が対象との事。中距離線は、いわゆるE531系の路線を指している。例えばスーパーひたちが品川発になるとかと言う話と考えられるけど、上野から品川まで列車を直通させると、常磐線内で運行する車両に不足が生じる事になるなどの問題も多い。かといってE531系は増備するにしても、他のE233系などにくらべて構造が複雑でコストも高いため簡単に増備という話にはならない。
一方、宇都宮線や高崎線は既に、湘南新宿ラインにて、直通を行っているため、多少本数が少なくても大きな問題にはならないと思われる。そんな事で、この1時間あたり15本~20本という本数をどのように割り振るのかという点には大いに注目される事になる。

|

« 総本山へ行った | トップページ | KATOカタログ購入 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 総本山へ行った | トップページ | KATOカタログ購入 »