« 中央リニア新幹線と東海道・山陽・北陸新幹線 | トップページ | 北陸新幹線のカラーリングについて »

2013年10月 4日 (金)

北陸新幹線の運行形態について

北陸新幹線は4つのタイプの列車を運転するそうな

1.東京~金沢間の直通列車(速達タイプ)
2.東京~金沢間の直通列車(停車タイプ)
3.富山~金沢間の運転列車(シャトルタイプ)
4.東京~長野間の運転列車(現長野新幹線タイプ)

という事らしい。
という事は列車名は3つの列車名が出来そうな予感。
たぶん、1と2は列車名が同じで3と4がそれぞれ別々の列車名になりそう。
1と2は列車名が同じというのは例えば現長野新幹線のあさまの速達タイプと各駅停車タイプであさま○号が速達、あさま□号が各駅的な使い方になるのではないかと思われるという事。
で、
たぶん、4はあさまになると思われるので、残るは、2つの列車名になると思われる。
そんな中、JR西日本が「つるぎ」と「たてやま」という商標登録を出した事がわかった。

そんなわけで北陸新幹線の名前は「あさま」、「つるぎ」、「たてやま」で決まりなのではと思った。

|

« 中央リニア新幹線と東海道・山陽・北陸新幹線 | トップページ | 北陸新幹線のカラーリングについて »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中央リニア新幹線と東海道・山陽・北陸新幹線 | トップページ | 北陸新幹線のカラーリングについて »