« 651系1000番台 | トップページ | HD300の今後 »

2013年10月22日 (火)

Nゲージ北陸新幹線

TOMIXが北陸新幹線のE7系とW7系を製品化するそうな。
どうしておんなじ車両なのにE7系とW7系を両方製品化するのか不明である。
しかし、運用のパターンからすると、E7系は12両編成って決まっているようだけど、W7系は、12両編成の他に6両編成や、グランクラスなし編成なども製造されるのではないだろうか。
というのも、シャトルタイプのつるぎ号は富山~金沢間を走る車両となり、この区間を運転するだけであれば、12両編成なんていらないと思った。編成内にグリーン車やグランクラスも不要と思った訳である。恐らくこの後、最終的に大阪まで開業する間に北陸新幹線の車両は新しい車両が作られる可能性が高いため、そうなる事も考慮して考えた結果、今回は12両編成と、6両編成の2パターンが作られる可能性高いと思った。特にW7系は全線開通後は、博多とか、鹿児島中央まで運転する可能性が高いため、そうなると、車両の電気的な設備面も改良される可能性が高いともった。

|

« 651系1000番台 | トップページ | HD300の今後 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 651系1000番台 | トップページ | HD300の今後 »