« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月30日 (金)

碓氷峠の峠の湯

昨日ネットを見ていたら碓氷峠の峠の湯が放火によって焼失したという情報が出ていた。
7月末の話らしい。私が最後に行ったのは昨年の10月か11月頃だった。安中市では再建するという話のようだけど、いつになるのか。淋しいばかりである。
しかし、碓氷峠周りのニュースって最近いい事悪い事含めて沢山出て来ているよね。最初はトロッコ列車の機関車故障で峠の湯まで行けないという事から始まり、アプトの道が終点の熊ノ平まで開業した事。トロッコ列車が機関車新造で復活した事、そして最後は、峠の湯の焼失この9月から11月の間に訪れたいと思っていたので非常に残念である。
早く復興する事を祈ります。

| | コメント (0)

2013年8月25日 (日)

鉄道模型コンテストのE655-1について

先日入手したE655-1だけど、昨日は入手困難と言っていたけど、今日はだいぶ余裕が有り、混乱なく購入出来た模様。まあ、自分の必要分は確保出来たので良かったと思った。

しかし、どうやらE655系なごみを持っていない人も購入したようだったのでやっぱり人気がある車両なんだなとつくづく思った?というか売り方が問題というか微妙のような気もしたけど。

次回はもっとうまくやって欲しいと思った。

| | コメント (0)

2013年8月23日 (金)

鉄道模型コンテストへ行ってきた

ちゃんとE655を買えた。しかし、数が足りない模様だった。朝10時に会場に到着して入場券を購入。その後、E655販売の列に並んだんだけど、私の後ろに別のお客様が2名来たところで、係の方が完売らしいと言い始めた。今並んでいる人までは買えるとの事。それから2時間待って、ようやく購入出来たんだけど、どうやら周りの方の話を聞くと明日の分を繰り越して販売したとの事。

この分だと明日買えない人が出てくる事になるよねって思った。
私の必要分は買えたから良かったんだけど。
販売ももう少し効率よくしないとダメだなって思った。

ところで結局の所このイベントでの新製品の発表はなかった。
こうなると12月期の新製品は581系だけって事になる模様。

| | コメント (0)

全国高校生鉄道模型コンテスト2013

今日は全国高校生鉄道模型コンテスト2013である。何となく先週の金曜日と今日休みにしたんだけど、ある意味良かったと思った。明日の目的は2つE655-1を購入と新製品の発表会を見学する事。
しかし、新製品の発表ってあるのかな。KATOのスタッフに鉄道模型ショウの時に聞いた話だと、12月の新製品としてJAMで1つと全国高校生鉄道模型コンテストで1つ合計2つの発表をするそうな。しかし、何を発表するのだろうか。12月期って調べてみると、2008年以降は以下のようになっている。

2008年オリエント急行
2009年10系能登と24系ゆうづる
2010年キハ181系、EF510カシオペア、24系25形(HO)
2011年有楽町・副都心線、ニセコ
2012年E655系なごみ

こうやって並べてみると、最新の車両だけというわけではなく、12月ってどちらかって言うと旧国鉄車両がメインの気がしてきた。
JAMでは581系を発表しているけど、上記の流れからするともう1つはJR形車両に思えるけど、JR形車両で、12月期製品にふさわしい車両ってない気がする。
12月期が他の月と違うのはボーナス商戦とクリスマスが同時に来る事。
当然メーカーからすると、年配の方向けには国鉄形車両を、そしてお子様向けには最新車両をノミネートすると思うんだけど。果たしてどうなるか。注目である。
意外となごみに特別車両を組み込んでお召しとかやったりして。でも、それは絶対ないはず。有り得ないからね。

| | コメント (0)

2013年8月18日 (日)

運転会終了

今回の運転会はJAMとの兼ね合いから日曜日に実施となった。
この関係で翌日が仕事になってしまう関係で、実施時間が午前午後のみとなった。

しかし、無事終了する事が出来た

| | コメント (0)

2013年8月16日 (金)

JAMへ行ってきた

今年のJAMのポイントは当たり前だけどKATOの新製品発表。これだけを目的に行ってきた。
今年は581系との事。また、もう1つは来週鉄道模型コンテストで発表するとの事。
毎年12月って新規金型品が2つ登場する事が多い。その2つというのもJR形と国鉄形に分かれる事も多い。国鉄形は581系だけど果たしてJR形って何が来るのだろうか。

| | コメント (0)

2013年8月13日 (火)

東北縦貫線の工事

日曜日に秋葉原へ行ったついでに東北縦貫線の工事を見て来た。橋脚を作っていた機械がたぶん解体されて、撤去されているように見えた。こうなると、いよいよ工事は次のステップに移る事になるのだろうか。

この後レールを引いて、架線を張って、

今回の東北縦貫線は、湘南新宿ラインとの違いとしては、恐らく常磐線の東海道線への乗り入れを考慮した設計になるはずなので、そうなると、E531系も1編成から3編成ぐらい増備されるはずと考えている。これに関しては、E531系を東海道線のどこの駅まで乗り入れるのかにもよると思うけど、最低でも品川までは乗り入れないといけない。そうなった時に現状では車両が不足するため、この不足を補うためにE531系を追加で1~3編成ほど製造する必要があるわけである。特急列車に関してはそこまでの用途が必要かの判断がいるけど、最悪651系が転属していない状態のためこれらを使う可能性が高いと思われる。

| | コメント (0)

2013年8月 9日 (金)

続々々・EF510-500番台 JR貨物へ譲渡へ

どうやら以下のサイトの情報によると、さらなる譲渡がある模様。
http://blogs.yahoo.co.jp/home_141421356/15072460.html

富山譲渡組
EF510-501(7月26日)、 EF510-502(7月29日)、 EF510-503(7月26日)、 EF510-504(7月29日)、 EF510-505(7月29日)、 EF510-506(7月31日)、 EF510-507、 EF510-508(7月26日)、 EF510-511(7月31日)

田端残留組
EF510-509、 EF510-510、 EF510-512、 EF510-513、 EF510-514、 EF510-515

という事で507だけいつ譲渡なのか不明。

| | コメント (0)

2013年8月 1日 (木)

続々・EF510-500番台 JR貨物へ譲渡へ

先々日に続き、EF510が更に譲渡された模様。整理すると以下のようになる。
最後が2両という事でこれが最後になるのか。

7月26日 3両(501と503と508)
7月29日 3両(502と504と505)
7月31日 2両(506と511)

もともとEF510-500番台は501から515までの15両このうち、510と511の2両がカシオペア色残りは北斗星色になっている。

という事で残りは、507、509、510、511、512、513、514、515という8両である。

| | コメント (0)

鉄道模型ショウとE655系

今日は会社の帰りに鉄道模型ショウへ行った。
JAMでKATOが特製品を発売する模様で、どんな物が出るのかと思っていたら、E655系なごみの特別車両の回送仕様車との事。いわゆる菊のご紋が付いていないバージョンらしい。
これをやるって事は恐らく近いうちにお召し車両セットも出るという事でしょって思った。
私的には、クハのカプラカバーが欲しいかもって思った。

| | コメント (0)

続・EF510-500番台 JR貨物へ譲渡へ

先日に続きEF510が転属した模様。対象は506と511の2両。これで合計5両の転属となった。
もともとEF510-500は15両しか製造していないのにこのうち5両が貨物に転属になるらしい。
KATOのEF510は貨物が6号機、北斗星が501と505、カシオペアが510となっているので、今のところ影響が出るのは501号機となる模様。
どうするKATO。

そういえば今日鉄道模型ショウへ行ったんだけど、聞いてこなかった。

| | コメント (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »