« 続・Nゲージ大図鑑2013 | トップページ | 今日のダイヤ改正の京葉線 »

2013年3月15日 (金)

お召し列車

E655系なごみが登場し、お召し列車の機能も兼務するようになった昨今。
しかし、お召し列車はE655系だけではなく、予備編成として、E657系やE257系でも運転出来るように、E655-1をそれぞれの編成に組み込んで試運転をしている。

今のところKATOでは、E655-1を正式にリリースするという話は出ていない。
が、色々調べてみると、仮に発売になった場合、ユーザはE655系だけではなく、E657系やE257系でも組み込んで走らせるという事をするはずである。その場合の編成図を調べてみたところ、KATOの編成では、M車が組み込まれない編成になってしまう事が判明。

E657系の場合(K-1編成)
クハE657-1+モハE656-1+モハE657-1+E655-1+モハE656-201+モハE657-201+クハE656-1

E257系の場合(M104編成)
クハE256-4+モハE256-104+モハE257-104+E655-1+モハE257-1004+モハE256-4+モハE257-4+クハ257-104

上記の編成表は試運転でE655-1を組み込んで運転した時の物。
例えばE657系の場合、KATOの編成では、M車は、モハE657-106となっている。K-1編成の場合には、モハE657-101に入る事になる。しかし、上記の編成では、モハE657-101はそもそも編成に組み込まれない車両になっている。

また、E257系の場合モハE256-11がM車になっているけど、上記の編成にはこの車両も組み込まれていない。

どうするのだろうか。ベストセレクションを出して編成番号とセット構成を変えるのだろうか。

|

« 続・Nゲージ大図鑑2013 | トップページ | 今日のダイヤ改正の京葉線 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 続・Nゲージ大図鑑2013 | トップページ | 今日のダイヤ改正の京葉線 »