« 秋葉原へ行った | トップページ | 東海道新幹線700系とN700系とN700Aについて »

2012年8月 5日 (日)

(続)ドクターイエロー

先日ドクターイエローを購入した事も有り、ドクターイエローについて色々調べてみた。
その後わかった事は、ドクターイエローは元々0系ベースの車両だったが、700系が登場して275キロでの計測が必要になったため開発されたとの事。これにより日中の計測も可能になったとの事が書かれていた。
なるほどと思った。
私は0系ベースのドクターイエローは以前に東京駅で見た事があり、屋根の上のパンタグラフを照らす計測用ライトが印象的だった。700系ベース車はまだ観た事がない。

しかし、ここで疑問に思ったのは、現在東海道山陽新幹線って、N700系ベースの車両に置き換えを行っている最中で、700系とN700系の違いはカーブを通過する時に減速を行わないといけないのが700系(270キロ→255キロ)、減速せずに通過できるのがN700系と判断している(270キロ→270キロ)。他にも色々な違いはあるようだけど。現在東海道新幹線ではN700A新幹線の開発を進めていて、もうすぐ納入されるという話も聞いている。このN700Aが開発されると700系が淘汰されるという話も聞いている。そうなるとドクターイエローはどうなるのだろうか。速度的にはまた、夜間運転に戻ってしまいそうな気がしてきた。

|

« 秋葉原へ行った | トップページ | 東海道新幹線700系とN700系とN700Aについて »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋葉原へ行った | トップページ | 東海道新幹線700系とN700系とN700Aについて »