« (続)ドクターイエロー | トップページ | ツタンカーメン展へ行った。 »

2012年8月 5日 (日)

東海道新幹線700系とN700系とN700Aについて

JR東海などのプレリリースなどを読んでいると、700系は700系と書いている。一方N700系はN700系と書いている。その上でN700AはN700A(N700系1000番台)と書いていて、大きく書き方が違う。よく考えてみると、N700系も700系なので本来はN700(700系)と書くべきでN700系と書くべきではないのではないかと思った。実際に東京駅へ行って、車両に書いてある形式名を見ても、N700系とは書いていない。ウィキペディアなどを見ても、700系は普通車が720番台、グリーン車が710番台なのに対して、N700系は普通車が780番台、グリーン車が770番台と書かれている。つまり700系なのである。しかし、700系とN700系では走行システムなどが大きく違い、全く別のシステムになっている事がわかる。本来の新幹線の形式では、東海道新幹線は0系、100系、300系、500系、700系と来た。本来であれば900系を行くはずなのだが、9という数字が試作車や試験車に使う番号のため、700より大きな値を設定できないという事になっている。一方でJR東日本では、早くから国鉄路線とは別のルールで車番を付けているため、E1系やE2系、という番号に変わってきている訳である。東海道山陽新幹線も早くルールを作ればいいのにって思った。で、N700A系については、N700系(1000番台)という書き方になっている訳である。

|

« (続)ドクターイエロー | トップページ | ツタンカーメン展へ行った。 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (続)ドクターイエロー | トップページ | ツタンカーメン展へ行った。 »