« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

デジタルカメラ購入

今日は午後から秋葉原へ行って、FUJIFILMのFINEPIXのF770EXRを購入した。
デジタルカメラの購入は2009年10月以来なので、3年ぶりである。

今回のポイントは、
1.液晶が大きい
2.赤外線が付いている
3.ズームが20倍対応
4.GPS対応
という点である。
スマホなみの機能が付いているのである。

| | コメント (0)

2012年4月29日 (日)

碓氷峠へ行った

今日は朝から碓氷峠へ行った。東京駅から新幹線で高崎へ行ってそこから信越線でアプローチした。
今回の目的は今月初めに開通した熊ノ平跡地の見学が大きな目的である。
実際に行ってみると、ロープが張られていて入れるエリアがかなり限定されている状態だった。

| | コメント (0)

2012年4月24日 (火)

鉄本の整理

この週末は自宅でだらだらゴロゴロしてたんだけど、その時に気になったのは鉄道雑誌が大量にある事。そこでこれらを整理して半分ぐらいを処分した。結果本棚がかなり整理された。

| | コメント (0)

2012年4月21日 (土)

鉄道本の整理

会社から帰ってきてから鉄道本の整理をしていた。私の自宅の鉄道本はすべてに番号を付けてデータベースで管理している。そのため、まずは、データベースに入力されていない物をデータベースへ入力する作業を行った。また、データベースで管理するに当たり管理Noを付けているのでそのシールを作成して各書籍に貼り付けていく処理も行った。

データベースで管理されている書籍の中にはあまり読まない物も含まれておりそれらは破棄する必要があるため、データベース上で破棄候補というカテゴリを付けて管理している。

この破棄候補をリストアップして破棄する作業をこの後行っていく必要があるが、これはいつの作業になるのだろうか。

| | コメント (0)

2012年4月19日 (木)

KATO HO EF510シリーズ発表

今月の販売店向け説明会にてKATOのEF510のHO版がいよいよ発表になった模様だ。しかし、値段を安くするためか?仕様がイマイチだ。動力ユニットは台車に内蔵された動力を使用するようになっているようだが、この仕様で本当に24系の北斗星フル編成を余裕を持って牽引出来るのかが疑問である。また、台車動力の場合、DCC化する上でもかなりの工数を必要とするケドこのあたりはどのように考えているのか疑問が残るところである。さらにナンバープレートは変更できない仕様になっている。 EF510や北斗星は初心者にも人気がある車両だけど、ベテランの人気も高い車両なのでもう少し完成度を上げて欲しいと思った。 また、値段が13440円との事で、値段を安くする分仕様をケチったのかもしれないと思った。

| | コメント (0)

2012年4月14日 (土)

靴購入

昨日近所のイトーヨーカ堂で靴購入した。ゴールデンウィーク中の横川旅行のためである。

| | コメント (0)

2012年4月 7日 (土)

KATOさよなら日本海セット

せっかく買った「KATOさよなら日本海セット」なので、中身を開けていじっているんだけど。
まず気付いたのは、機関車用ヘッドマークなんだけど、これって日本海基本セットとEF81の両方に付いているんだけど、品番を見たら3066-3E3になっていた。従来のパターンだと客車に付いているのが一般的だったので、客車のみ添付かと思っていたら違った。

よく考えてみると日本海の客車って、KATOブランドで出たのは今回初なんだけど、ヘッドマークや変換装置は、かなり以前から組み込まれている。私の知る限りでは、24系の初代北斗星の変換装置の中に日本海があったような気がする。後は、24系のゆうづるセットにも日本海の変換装置入ってるし、でも、出来れば、トワイライトエクスプレスも変換装置式にして、日本海入れて欲しかった。

| | コメント (0)

さよなら日本海セットを購入

今日は午後から総本山へ行った。総本山では、さよなら日本海セットを購入。その後秋葉原へ戻ってきて、秋葉原でEF81一般色を購入した。

| | コメント (0)

2012年4月 1日 (日)

田端と総本山へ行った

今日は、秋葉原へ行った。DVD-RAMと一太郎承を購入。その後、田端へ行った。田端でぶらぶらしようと思っていたんだけど、そこにはE6系新幹線が。初めて見たたぶん乗務員訓練をしているんだろうなと思った。その後、総本山へ行った。総本山ではトワイライトのカニの床板と富士のカニの床板を購入した。
その後秋葉原へ戻ってきて、日本海を買おうとしたんだけど売り切れだった。結構売れてるみたい。

| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »