« 仙台復興と東京オリンピック | トップページ | 売店 »

2012年2月24日 (金)

NTTドコモの災害時の伝言サービス

NTTドコモが災害時用サービスとして「災害時用音声お届けサービス」なるサービスを始めるらしい。
しかし、このサービスを見ていて思ったのは、近年の日本は、高齢化が進んでいる為、携帯電話などに不慣れな方々も多くいると思われる。そんな社会で、災害時用の専用ソフトをプリインストールしても普段使い慣れていないから使い方がわからないという事にならないかなと言う事である。
専用ソフトを起動して、文字や音声を入力後送信するという動作や、専用ソフトを起動してデータを受信して再生するという動作の場合。ある程度使い方に慣れていないと意味がないと思うけどその辺は考えているのかが不明である。

それなら災害時用という事にしないで普段から使えるサービスにした方が良いと思う。
しかも、災害時ってパケット送信って90%ぐらい規制してないか。それじゃますます意味がないと思うけど。

|

« 仙台復興と東京オリンピック | トップページ | 売店 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仙台復興と東京オリンピック | トップページ | 売店 »