« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月28日 (水)

ED16購入

ED16を2両と、プラ棒を購入した。

| | コメント (0)

2011年9月24日 (土)

自転車で山手線1周【3】

今日は自転車で山手線を1周した。朝、11時頃自宅を出発。神田を通り、上野、田端、巣鴨、池袋、新宿、渋谷、大崎、品川と通り、帰ってきた。

自宅に到着したのは6時頃約7時間走った事になる。

疲れた。

山手線1周はこれで3回目。前回までと違うのは、今回はスマートフォンを持って移動していたので道がわからないところは、確認しながら進む事が出来てとても便利だった。

| | コメント (0)

2011年9月23日 (金)

iPhone KDDIから発売らしい

KDDIからiPhoneが発売になるらしい。未だにスマートフォンと言えばiPhoneユーザーが多いけど日本では今までソフトバンクが独占していた。今後も販売すると思うけど。どうやらKDDIが販売権を取ったらしい。公式発表はまだだけど、次回発表すると思われる。

でもiPhoneって何かそんなにユーザーの心をつかんでいるのかがわからない。

また、スマートフォンって携帯できるパソコンというイメージがあったけど、実際使ってみるとWEBページなどは見れないページも結構多い事が判明。どこまで使いやすいのかはわからない。

もともと日本は、古くから携帯電話があった。日本にインターネットが入ってきて、少し遅れてドコモがiモードをスタートした。それ以降、日本のネットはPC用のインターネットと携帯電話用のインターネット(iモードやEZWEBなど)が存在しているが、スマートフォンのブラウザは、PC用のインターネットが閲覧できるがすべてのページが見れるわけではなく、プログラムが動作しているページの場合見れない事がある。また、本来それらのページはスマートフォン用というページが別に存在しているが、現在まだ間に合っていないのか、存在しないサイトが増えている。これってアンドロイドがこんな感じなんだから当然iPhoneはもっとなんだろうなと思った。

| | コメント (0)

2011年9月22日 (木)

携帯電話ファームウェアバージョンアップ

一昨日IS11Sのファームウェアのバージョンアップがあり、かなり混み合っていたけど真夜中にバージョンアップが完了した。
そして、昨日1日使ってみたんだけど、無線LANの電波を拾うわ拾うわ。常に拾い続けていた。まあパスワードがわからないから接続できなかったんだけど。
後は、auのメールが使えるようになった。
しかし、1台の携帯電話(スマートフォン)でメールが3つ同時に使えてもあんまり嬉しくないかも。

| | コメント (0)

2011年9月18日 (日)

鉄道模型用自作機関庫

毎年1つずつ作っている鉄道模型用機関庫。事の始まりは2009年12月末だった。年末年始の休みでやる事がなく暇だったので、何か暇つぶしをしたいとの事で作り始めたのだった。

その後、翌年、2月にまた1つ作った。
さすがに2つもあるから3つ目はまだいいかと思っていたんだけど、最近、3つ目の製作を検討するようになった。
1作目を作る時に、塗装していたんだけど、どうもうまくいかず、2作目に移行している。
そこで1作目と2作目の写真の記録を付けようと思った。

●1作目(2009年12月28日製作)
Dscf2834

公式側写真

4線格納式で、奥の3線がEL庫、EH500とヨ5000を連結して格納できるサイズと、DL庫、EF510級の機関車が格納できるサイズが1線である。
線路間隔が通常のKATOの33ミリには非対応で、独自間隔で製作している。
EL庫はパンタグラフを搭載の機関車がパンタグラフをあげて入線できるが、DL庫は、ディーゼル機関車やSLなどのパンタグラフ非搭載車両が入線する事を前提としたサイズである。入口部分の上部は丸形として角を落とした仕様。昔の煉瓦の機関区を想定して製作した。
公式側は窓が7個あり、こちらも上部が丸形をしている。

Dscf2836

非公式側写真

非公式側は、窓が7枚だが、こちらは四角窓。背面は出入り口なしの作り。

Dscf2837

屋根写真

屋根は公式側の屋根のみが外れる仕様。内部の様子が確認できるようになっている。

Dscf2838

内部写真

内部は塗装をしていないため、工作用紙の裏側の面がそのまま出ている。また、骨組みとして木製角材(5ミリ×5ミリ)を利用している。接着は木工用ボンドにて行っている。

●2作目(2010年02月12日製作)
Dscf2839
公式側写真

5線式格納式で、奥の3線はEL庫、手前2線はSL庫、EL庫はE127系が2両編成で入線できるサイズ。SL庫はD51-498やC62が入線できるように設定。公式側には窓を8枚設置した。

Dscf2840
非公式側写真

1作目の機関庫を作成する際に、非公式側に窓を付けていたけど、非公式側から写真を撮影する機会が全くなかったので、2作目は、非公式側の窓を廃止した。

Dscf2841
屋根写真

屋根はすべて取り外し可能にした。内部で脱線した車両を取り出しやすくするためである。
また、屋根に明かり取り用の窓を設置した。SL庫は8枚、EL庫は10枚である。また、すべての窓には裏側からプラ板を取り付けて窓ガラス風にしている。

Dscf2842
内部写真

内部構造は、基本形としては、1つ目と同じ構造であるが、非公式側の窓を廃止した事で、ある程度の強度が生まれたので中間部の筋交いを廃止している。

Dscf2844
全体の比較写真

1作目と2作目は全体的にはサイズが若干異なる。2作目の方が大きくなっている。

Dscf2847
専用ボート取付写真

2作目の特徴はいくつかあるが、そのうちの1つは、モジュールレイアウトで利用する事を前提として設計した事なのでそのあたりを考慮して専用の設置ボードを用意している。また、複線間隔もKATO標準の3.3ミリにしている。

| | コメント (0)

総本山へ行った【2011-7】

今日(昨日)は都営地下鉄の500円券が販売され始めたので、総本山へ行った。トワイライトエクスプレスのASSYの予約をしようと思ったんだけど、既に予約締め切っていた。
その後秋葉原へ行って、鉄道ファンを購入してぶらぶらして帰ってきた。

| | コメント (0)

2011年9月10日 (土)

【続】KATOのトワイライトエクスプレス

今日、KATOのトワイライトエクスプレスのページを見ていたら、例のサロンデュノールの件は修正されていた。どうやら基本セットに入る模様。

| | コメント (0)

2011年9月 6日 (火)

KATO製品の出荷パターン

2008年9月ごろから製品出荷の発表が毎月発表に変更になった。今年は2011年なのでかれこれ3年ほど経過したことになる。今のところという表現になってしまうけど、ここで鉄道模型の製品をカテゴリにわけて、どの時期にどのカテゴリが多く出荷されているか確認してみたいと思った。
という事で現在パンフレットから情報を拾い上げて一覧表を作成中である。

1つわかっている事は、12月の出荷製品には旧客を使っているという事。
それ以外はこれから調べようと思っている。

| | コメント (0)

2011年9月 5日 (月)

KATOのトワイライトエクスプレス

KATOから来月発売になる予定のトワイライトエクスプレスの製品説明を読んでいて気づいたんだけど、

>スロネフ25、スロネ25の窓配置の違いや、スシ24のクーラー形状、オハ25の車種の違いによる細部の違い、車体裾に入る帯の表現など、第3編成の特徴を的確に再現いたします

という説明があるにもかかわらず、編成図を見るとオハ25がない。これはなぜ?

>●   6両基本セット
>  カニ24-10、オハネ25-513、オハネ25-525+オハネ25-553+スシ24-3、スロネフ25-503
>●   4両増結セット
>  オハネフ25-503+オハネ25-563、オハネ25-526、スロネ25-503


不思議だ。ウィキペディアなどを参照しているけどトワイライトエクスプレスの編成にサロンカーを連結しないで走った実績はなさそうだし、サロンカーはオハ25としか書いてないんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

SLニセコ【2】

KATOから12月発売になるSLニセコについて編成や詳細な情報がネットなどで発表されてきた。
その中でホビーショップカシオペアという販売店さんのブログ(http://hobbyshopcassiopeia.blog41.fc2.com/blog-entry-291.html)で、1つ気になるのが、

>荷物車マニ60も、現行仕様に合わせて新規にリニューアル。

って書かれているんだけど、マニ60って何をリニューアルするのだろうか?現行仕様って言うけど旧客は大きな変更はないはずで、変更するとしてもカプラーぐらいだと思うんだけど。


また、編成に関しても発表されていた。
【上り104列車】 9両編成
オユ10-2038・スユ13-2018・スハフ44-24・スロ62-501・スハ45-45・スハ45-51・スハ45-40・スハ45-49・スハフ44-26

【下り103列車】 11両編成
マニ36-2114・マニ60-2639・オユ10-2038・マニ60-2620・スハフ44-24・スロ62-501・スハ45-45・スハ45-51・スハ45-40・スハ45-49・スハフ44-26

【基本セット内容 6両セット】
オユ10-2038・スユ13-2018・スハフ44-24・スロ62-501・スハ45-45・スハフ44-26

【増結セット内容 6両セット】
マニ36-2114・マニ60-2639・マニ60-2620・スハ45-51・スハ45-40・スハ45-49

詳細はhttp://hobbyshopcassiopeia.blog41.fc2.com/blog-entry-291.htmlを参照

ただこのセットテールランプはどの車両にあるのだろうか。スハフ44-26は当然だけど、マニ36-2114とオユ10-2038のどちらにテールランプが付くのか気になるところである。
確か妙高のオユ10には、テールランプが付くような仕様になっていたはずだけど、今回はどうなるのか。

| | コメント (0)

2011年9月 2日 (金)

SLニセコ

KATOからSLニセコが発売になるそうな。12月発売予定との事だったんだけどどんな編成なのか。実車を知らない私としては気になっていたんだけど、ようやく発表になった。

それから同時に12月は地下鉄有楽町線の10000系が発売になるらしい。地下鉄第2弾との事。KATOはどうやら地下鉄は最近の車両を開発しているな。例えば銀座線の以前の旧型タイプとかのがいいのにな。と思った。

その割には東西線とかやらないよね。
ホビセンに行くのに一番近場を走る地下鉄は大江戸線だけど大江戸線は都営線なので、東京地下鉄じゃない。東京地下鉄で一番近場を走るのは東西線?
東西線をやればいいのにって思った。
まあ、地下鉄は買わないけど。

| | コメント (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »