« この時期の鉄道ファンを2冊購入するには理由がある。 | トップページ | JR東日本の車両転属について考えてみた »

2011年6月19日 (日)

京葉線E233系投入に伴う205系転属

最近、京葉線にE233系が増備されている。これを受けて従来から京葉線に配置されていた201系や205系が廃車や転属になる模様である。

201系は残念なら廃車。205系は転属となっている。
このうち205系の転属先はという事で調べてみたところ、どうやら日光線の107系の置き換えに使われるらしいという事がわかってきた。

107系はJR東日本管内では、日光線と高崎線で使われていて、
日光線は、0番台2両編成で16両、8編成所属している模様。
一方
高崎線用は、100番台2両編成で38両、19編成所属している模様。

京葉車両センターのもともとの京葉線用205系の両数は不明なんだけど、京葉線内にはかなりの数の205系が配置されていたので、それらのすべてを転属(一部廃車)にしても日光線だけとは思えない。

そうなると、高崎線で使われている107系も京葉線205系で置き換えの対象になる可能性は高いと思われる。鉄道総研のサイトによると16両程度が転属対象のようである。という事は残りはどうなる?

千葉地区はこの他にも転属の話題がある。それは、房総地区の211系である。もともと房総地区は113系にて運用されていたんだけど、高崎線、宇都宮線にE231系が投入された事を受けて、同線から211系が転属してきた。その後、京浜東北線の209系も転属してきて、これを受けて211系が房総地区から他線区へ転属する模様。転属先は豊田車両センターだという噂である。豊田の115系を置き換えるらしいとの事。

|

« この時期の鉄道ファンを2冊購入するには理由がある。 | トップページ | JR東日本の車両転属について考えてみた »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« この時期の鉄道ファンを2冊購入するには理由がある。 | トップページ | JR東日本の車両転属について考えてみた »