« ASSYパーツ | トップページ | 映画踊る大捜査線 »

2010年8月14日 (土)

腰痛と鉄道模型のレールの整理

先週土曜日に、運転会でECS-1を持参しようとして、腰を痛めたわけだが、現在、ほぼ完全に回復して、曲げても痛くない状態になった。

この1週間のうち2日はごろごろして、残りで、レールの整理をしていた。KATOのレールを利用しているわけだが、今までは購入時に入っていた入れ物に整理して入れてから、更にレール収納用ケースにレールを収納して管理していたんだけど、ここで問題なのは、購入時に入っていたケースに入れる事。

また、レール以外にも、高架線で使う橋脚の整理も行った。
KATOの橋脚は、複線と単線があり、今回は複線を行ったんだけど、複線の場合、旧製品と新製品に大きく分かれる。また、基本勾配と補助勾配に分かれる。

旧製品の場合、基本勾配が、「0-W」、「1-W」、「2-W」、「3-W」、「4-W」となっていて、最後「5-W」に続く。
新製品の場合、基本勾配が、「M-0」、「1.5-W」、「2.5-W」、「3.5-W」となっていて、最後「5-W」に続く。

つまり、新製品の方が微妙に勾配がきつい事がわかる。

旧製品の補助勾配は、「1.5-W」、「2.5-W」、「3.5-W」、「4.5-W」となっている。

新製品の補助勾配は、購入していないので詳しくは不明である。

で、今回行ったのは、これらの橋脚を使う際に、どれが0-Wかがわからないので、テプラのシールを作って貼り付ける作業と、それらを収納するケースを工作用紙で作成して収納した。
旧製品の場合、元々は、基本勾配と補助勾配がセットで同一ケースに入って売られているんだけど、運転会では基本勾配のみを利用するため、ケースを作る時点で、基本勾配ケースと補助勾配ケースを別々に分けて作成した。

|

« ASSYパーツ | トップページ | 映画踊る大捜査線 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ASSYパーツ | トップページ | 映画踊る大捜査線 »