« 鉄道時計 | トップページ | 国鉄形電車 »

2010年5月 3日 (月)

鉄道時計【2】

鉄道時計のマニュアルを見ていたら、気になる記述を発見した。それは、耐磁性能という物。所謂磁気の影響と言う事なんだけど。

基準は3つあり、
1.磁気製品より10センチ以上遠ざける必要がある。
2.磁気製品より5センチ以上遠ざける必要がある。
3.磁気製品より1センチ以上遠ざける必要がある。

の3段階であるが、鉄道時計は3の「1センチ以上」という事になっていた。

その次のページに、時計に影響を及ぼす磁気製品という記載があり、

携帯電話(スピーカー部)、バック(磁石の留め金)、交流電気カミソリ、携帯ラジオ(スピーカー部)、電磁調理器、磁気健康バンド、磁気ネックレス、磁気健康マット、磁気健康枕など

と書かれている。

しかし、上記の様な物で影響が出るなら、電車の運転台に取り付けて問題ないのかが気になるところである。

|

« 鉄道時計 | トップページ | 国鉄形電車 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鉄道時計 | トップページ | 国鉄形電車 »