« KATOの特徴 | トップページ | KATOの下半期新製品について考える »

2010年5月14日 (金)

KATOの新製品について【2】

KATOの新製品の中で注目を集める製品の1つにD51がある。高崎車両センターに所属するD51-498である。最近D51もトラブルに見舞われるなど悲惨な目にあっているが、ようやく製品化になったわけである。2年ほど前にオリエント急行タイプも商品化されるということもあったのでそろそろフルモデルチェンジするかなと思っていた。

ところで、D51の実車は、ナンバープレートやデフレクター、集煙装置取付などの変更をしている。この辺がどの時期に合わせて製品化するのかが注目されるところだが、

KATOの製品の場合、他社で製品化している商品の場合、メイクアップパーツが発売されるなどの対応を採ることがある。D51でメイクアップパーツを製品化すればどの時期ということなく、ほぼすべての仕様を製品化できるわけである。

他社が製品化している製品でKATOが後から製品化する製品でメイクアップパーツがなかったのは、と考えてすぐに思いついたのはEF510ということになるのだろうか。

過去のメイクアップパーツリスト
・スハ44系メイクアップパーツ
・DF50メイクアップパーツ
・101系メイクアップパーツ
・キハ35系メイクアップパーツ

※EF510のみメイクアップパーツがないのは作りようがないということもあるのかもしれない。

|

« KATOの特徴 | トップページ | KATOの下半期新製品について考える »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« KATOの特徴 | トップページ | KATOの下半期新製品について考える »