« クリスマスイヴ | トップページ | 水谷豊DVD購入 »

2008年12月26日 (金)

オリエントエクスプレス88【12】

日付が変わり本日12月26日になった。
本日は、待ちに待った。『KATO製オリエントエクスプレス発売日』この日をどれだけ待った事か。20年は待った。

20年前オリエントエクスプレスが日本に来ていた頃、リバロッシ社という会社でオリエントエクスプレスが発売されてて、当時日本でも販売されてたけど、1両約4000円した。

4000円だと7両で28000円ぐらいになる。今回のKATO製がフル編成で30000円だから、約倍していた計算になるね。2000円ぐらい差があるけど。それも、マニやオニは当然ないし、室内灯も付かない。また、カプラーも悪く走っているとはずれるんだよね。もっというと台車の作りも悪い。つまり、走りが悪い。
それなのに7両で28000円。とてもフル編成なんて無理だった。

しかし、20年経った今は、当然就職もしているので、買おうと思えば買える金額ではあるけど、今回KATOが製品化したので、よりやすく、しかも、日本編成を再現出来る事が出来た。
以前から日本編成を再現するために、努力していた人はたくさんいた。よく鉄道模型趣味などに掲載されているのを見て、いいなーと思っていた。

先日からKATOのホームページにも製品写真が載るようになっている。写真を見る限りすべての連結器がアーノルドカプラーになっている。交換用のナックルカプラーが添付されるらしい。

今日、製品を購入する販売店に昨日行ってみたら、今日の昼までには、入荷してくれるみたい。(出来るだけがんばるとの事)

そうそう、今日出るのは客車だけで、機関車は何も出ない。当初、EF58と一緒に購入しようとしていたのだけど、無理そう。なので出社時に、機関車を持参しないといけない。という事になって自宅の機関車を探して見た。
検索条件は、
1.当時牽引した機関車で、
2.自宅にあり、
3.アーノルドカプラを搭載していて、
4.かつ、アナログ対応車。
この4つの条件に合うのは、KATOの品番:3023-1 EF64-1000一般色が発見された。片側のカプラーが双頭式のナックルカプラーを搭載しているけど片側はアーノルドカプラーだったので取り合図はこれでOKという事になった。

13時間後が楽しみである。


                                                つづく

|

« クリスマスイヴ | トップページ | 水谷豊DVD購入 »

鉄道模型」カテゴリの記事

オリエントエクスプレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスマスイヴ | トップページ | 水谷豊DVD購入 »