« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

カプラ高さ確認

この半月ぐらいでかなりの車両の増備があったので、時間がない状態だったけど、ようやく会社も休みになって時間が出来たので、カプラの高さ調査を行った。

■12系+DD51北斗星=○
Pc310417




■12系+オリエントエクスプレス(オニ)=○
Pc310419




■12系+オリエントエクスプレス(マニ)=○
Pc310418

| | コメント (0)

近年の寝台特急

来年3月に「富士・はやぶさ」が廃止になるらしい。また、ムーンライトながらも季節臨時列車化するらしい。
どんどんなくなるブルートレイン。ブルートレインがなくなると、遠出できなくなるね。
もともと私はあまり遠出しない人だけど、でも、以前、急行銀河で大阪まで行った事ある。
初めて乗ったブルトレだった。

20年前にオリエント急行が来てから、北斗星もサービスにかなり力を入れるようになった。しかし、もっと欲を言うとという事で以下の妄想を考えてみた。

オリエント急行って、あんまり詳しくないけど、調べてみるといろんな会社が絡んでいるのね。でも、私が知っているのは2社だけだけど、「イントラフラーク社」、「オリエントエクスプレスホテルズ」これらの会社がどのように関係しているかわからないけど。

JRも北斗星やカシオペアを運行するにあたり、列車の管理とサービスは別々の会社が運用すればいいのではないかと思った。
といっても大げさにではなく。単純に。

例えば車両管理はJR東日本が、また、列車の運行中の車内サービスは、自社で、高級ホテルグループを作ってそこに委託する。なんてどう?

もちろん、高級ホテルグループは当然だけど列車の車内サービスだけではなく、地方にホテルを造ってそれらの運用も同時に行うなんていいかもね。

また、北斗星やカシオペアって北海道新幹線が出来たらどうなるかわからないけど。例えば廃止された場合、それらの車両を改造して、(短編成化して、)小旅行用寝台車に生まれ変わらせるとか。そうやって考えると、現在はA寝台だけだけど改造する時にB寝台も作って組み込み、「あけぼの」とか、「能登」にも使えるかも。また、臨時のスキー用ブルトレとしても用途はあるかも。
後は以前JRでもやっていたように記憶しているけど、現地に着いた後、別料金でしばらく列車内にいれるサービスもあったらいいね。
だって、以前にどっかのサイトにも書いてあったけど、ムーライトながらっていう列車が東京~大垣まで走っているんだけど、東京出るのが、23:10分、終点の大垣に着くのが6:52分なんだけど、この到着時間ってちょっと早いよね。元々がビジネス客向けで、大垣に6:52分に到着してそのまま会社に出社するていうのを前提にスジを引いているからこの時間なんだけど、家族旅行で使うには使えない。

でも、実際に、私の会社の知り合いが家族旅行で使ったそうな。
大垣到着後、大阪まで出るのが大変だったらしい。

しかし、考えてみると波動用の列車って、座席車はあるけど、寝台車ってないよね。それだけ用途がないって事なんだね。

でも、どうせなら、ムーライトながらも季節臨時列車化するみたいだけど、これを機に、寝台列車の波動用を作ってもいいかもね。185系なんかを改造すれば出来そうだけど。

|

2008年12月30日 (火)

EF64-1000を買いました。

本日EF64-1000一般色を買った。1両は自宅にあるが、もう一両ないと、上越国境越えシーンの再現が出来ない。私の場合、オリエントエクスプレスはEF64-1000一般色の重連で上越国境越えをしているシーンか、DD51北斗星の重連で北海道を走行しているシーンが一番印象的なんで、是非再現したいと考えている。という事もあり、DD51を2両買った。

| | コメント (0)

2008年12月29日 (月)

オリエントエクスプレス88【15】

12月26日にKATOよりオリエント急行が発売になって以来、色々なブログやホームページなどを見ているけど、みんなしっかり作ってるね。
乗った事がある人もない人も凄いですね。
私は一応乗った事がある人の括りにかろうじて混ざれる立場なのだけど。はっきり言うと当時の事はあまり覚えてない。というのが本音。しかし、9月8日?のリヨン駅の出発シーンや、日本に来てから各地を走行したシーンなどは、今でも脳裏に焼き付いて離れませんね。また、最後の12月25日に品川駅での一般公開に乗車した時の事。

当時写真は撮ったのだけど、あんまりよくないカメラで、しかも、ネガもろくにない状態で撮ったので、対して思い出にもならず。今ではどこにしまわれてしまったのかわからない状態。
でも、以前このブログにも載せた。『オリエントエクスプレス’88』のパンフレット(ダニエルさんのサイン入り)は、一生の宝物になると思う。今でも大事に取ってある。

という事で、近いうちに撮影してブログに写真をアップしたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オリエントエクスプレス88【14】

実は、昨日、オリエント急行の基本セットのみもう1セット買いました。
(増結は今のところ買っていません)

その目的は、

1.マニ・オニの機関車側のカプラーをナックルにする。
2.室内灯を試験的に組み込む
3.テールライトのDCC化する。

などです。

まあ、どこまで実現するか不明ですが、でも1は既に試しました。(これでこの車両があれば、どのタイプの機関車にも連結できます)

今回オリエント急行のセットを購入して思ったのは、このセットのASSYの部品表は、添付品が抜けているという事をを思いました。マニ・オニをナックルカプラー化する為のカプラーが添付しているのですが、このカプラー以前に、Z05-1376という番号で出ていたカプラの共通部品なのですがASSYパーツ表に該当部品の記述がない。それからASSYの部品表じゃないけど、DD51用のクイックヘッドマークがない。
など、ちょっとツメが甘い気がする製品です。

| | コメント (0)

2008年12月28日 (日)

総本山へ行ってきました。【4】

今日は総本山へ行ってきました。
(写真は取り忘れました)

EF64-1001のカプラーセットを購入しました。
今年最後の総本山でした。

その後、秋葉原へ行きました。色々お店を回りましたが、オリエント急行はどこも完売の模様でした。

| | コメント (0)

2008年12月26日 (金)

オリエントエクスプレス88【13】

オリエントエクスプレス購入した。
ただ、本日は機関車が何も出荷されていない。
EF58、D51、EF65-1000は来年との事。

持参したEF64-1000一般色で購入後フル編成で試運転をした。
問題なく走行できた(ただ、模型でも13両を1両の機関車で牽引するのは重いらしい)

ナックルカプラーはオリエント急行基本セットには2つ添付していた。マニ・オニの機関車側用みたい。

せっかくなのでDD51北斗星を2両購入した。
これは、北海道でのオリエント急行を再現するため。

基本セットには小冊子が付いていてその中には実車の説明が書かれていた。

ちなみにオリエント急行には機関車用のヘッドマークが付いていたけどDD51用はない模様。(EF65用とEF58用の2種類のみ添付されている)

Pc260394

Pc260396 Pc260398

| | コメント (0)

水谷豊DVD購入

昨日、水谷豊スペシャルエディションを購入した。

Pc260392

| | コメント (0)

オリエントエクスプレス88【12】

日付が変わり本日12月26日になった。
本日は、待ちに待った。『KATO製オリエントエクスプレス発売日』この日をどれだけ待った事か。20年は待った。

20年前オリエントエクスプレスが日本に来ていた頃、リバロッシ社という会社でオリエントエクスプレスが発売されてて、当時日本でも販売されてたけど、1両約4000円した。

4000円だと7両で28000円ぐらいになる。今回のKATO製がフル編成で30000円だから、約倍していた計算になるね。2000円ぐらい差があるけど。それも、マニやオニは当然ないし、室内灯も付かない。また、カプラーも悪く走っているとはずれるんだよね。もっというと台車の作りも悪い。つまり、走りが悪い。
それなのに7両で28000円。とてもフル編成なんて無理だった。

しかし、20年経った今は、当然就職もしているので、買おうと思えば買える金額ではあるけど、今回KATOが製品化したので、よりやすく、しかも、日本編成を再現出来る事が出来た。
以前から日本編成を再現するために、努力していた人はたくさんいた。よく鉄道模型趣味などに掲載されているのを見て、いいなーと思っていた。

先日からKATOのホームページにも製品写真が載るようになっている。写真を見る限りすべての連結器がアーノルドカプラーになっている。交換用のナックルカプラーが添付されるらしい。

今日、製品を購入する販売店に昨日行ってみたら、今日の昼までには、入荷してくれるみたい。(出来るだけがんばるとの事)

そうそう、今日出るのは客車だけで、機関車は何も出ない。当初、EF58と一緒に購入しようとしていたのだけど、無理そう。なので出社時に、機関車を持参しないといけない。という事になって自宅の機関車を探して見た。
検索条件は、
1.当時牽引した機関車で、
2.自宅にあり、
3.アーノルドカプラを搭載していて、
4.かつ、アナログ対応車。
この4つの条件に合うのは、KATOの品番:3023-1 EF64-1000一般色が発見された。片側のカプラーが双頭式のナックルカプラーを搭載しているけど片側はアーノルドカプラーだったので取り合図はこれでOKという事になった。

13時間後が楽しみである。


                                                つづく

| | コメント (0)

2008年12月24日 (水)

クリスマスイヴ

皆様いかがお過ごしでしょうか。

私は先週の土曜日から体調を崩し、寝ておりまして気づいたら12月24日になっていた次第です。何とか元気になり、少なくとも12月26日までには復帰する必要があったのでがんばってネタはないけど、ブログがかけるまで復活しました。

| | コメント (0)

2008年12月20日 (土)

京葉線 E331系電車

京葉線は東京から東京湾沿いに蘇我までの続く路線である。1990年に東京まで開業した。
開業当初は103系や201系などが運用していたけど、東京までの開業時、専用のマスクをした205系が配属された。これにより、103系、201系、205系の3列車体制にて運用していた。所属は京葉電車区である。京葉電車区は新習志野と海浜幕張の中間に位置する車両基地である。現在は、京葉車両センターと改名している。また、休日には165系を改造して出来たシャトルマイハマが運用された。運用区間は東京~舞浜~西船橋間だった。途中駅はノンストップ。このシャトルマイハマは、幕張電車区所属(現在は幕張車両センター)となっていた。しかし、このシャトルマイハマは途中から運用されなくなり、しばらく幕張車両センターに放置されていたけど、最終的に新潟地区に転属していってしまった。

京葉線の運用が大きく変わったのは、成田エクスプレスの開業に伴い、それまで総武線経由で運用していた。183系のさざなみ、わかしおが京葉線経由になったことだった。
当時私も越中島から新浦安までの間を通学として利用していたけど、特急列車が運用されるようになったところでダイヤ改正があり、大きく運用が変わったような気がした。

その後の京葉線は、103系の廃止、他線区からの201系や205系の転属等を経ている。
私の中で一番大きな変化だったのは、E331系が配置された事で、今まで転属車だけだったところに新しく新製配置された。乗ってみたい気もしたけど、未だに乗っていない。
というのも配属直後は、土日限定で運用との事だったが、運用開始直後から急遽、運転中止となり、その後車庫に放置されるようになったからである。

E331系に関しては、最終的なところとして、部品の改良と伝えられているけど、どの部品なのかについては具体的な情報はない。
しかし、知人の想像では、恐らく動力周りの部品での不具合ではないかと考えられている。
E331系は全14両編成のうち、東急車輌と川崎重工で7両ずつ製造した。その際に、動力部分を車両メーカーに任せた設計をしたのではないかと考えられる。
京葉線は越中島~潮見~新木場~葛西臨海公園間が急勾配が続くため、動力が統一されていないと運用に支障が出る可能性が高い。
更にE331系は車両完成から1年近く試運転をしていたけどその試運転を、内房線、外房線で行っているので、京葉線内での運用にはどこまで耐えられたのかという点も考えれない事もないとの事。

そのE331系も12月23日から運転再開との記事が千葉支社に出ている。
今度こそ乗車してみたい。

| | コメント (0)

2008年12月18日 (木)

鉄道ファン購入

鉄道ファン購入した。
今月の特集は新幹線たった。

ところでE259系っていつデビューなんだろうか。
予定では12月って話だったけど、全く陰も形もないよね。
何か出遅れている事はわかるのだけど、



| | コメント (0)

2008年12月14日 (日)

カレンダ作成【2】

先日来年2009年のカレンダーを作成した。まずは卓上のみ作成。(壁掛けカレンダーは、現在作成中。)

ところで、このカレンダー仲間うちで、800円で販売している。(仲間以外には販売していません)もともとカレンダー用紙の代金は1200円程度になる物を使用しているが、昨年大量に発注し、購入したため、低コストで作成できるようになっているためだ。

しかし、昨年、今年と作成し、部材が少なくなってきた。来年作成する場合は、新たに発注する必要がある。昨年は初めてという事もあり、多くの仲間が賛同してくれて、問題なく作成できたが、今回は、作成数が昨年より減った。そんな事もあり、来年以降同様な金額で作成できるか不安である。

一番問題になるのが用紙の値段。

そんな状態のため、販売店を回り、適当な用紙がないか調べてきた。
その結果、「光沢のはがき用紙」を利用すると大幅にコストがダウンできる事が判明。

・はがき用紙・・・富士フイルムの画彩・・・100枚880円【売値】
・カレンダー用紙セット・・・森本化成株式会社・・・1セット662円(945円【定価】)

Pc140361




例えば来年分に関しては、662円でケース付きで購入して頂き、再来年以降は、ケース無し、用紙のみで、100円という金額になる(ざっくりした計算だが)

現在の800円に比べれば圧倒的に安い。8分の1の金額になる。が、ただ、問題なのがサイズが小さくなる事、はがきサイズを利用するため、従来の用紙より割安になる分サイズが小さくなってしまう。

Pc140359




壁掛けカレンダに関しては、現在検討中だが、可能であれば金額を安くするように調整したいと思っている。

ちなみに、原価レベルの単価金額は
現在使用しているカレンダ卓上:¥1300
現在使用しているカレンダ壁掛:¥1600
上記の金額は昨年購入時段階の金額

| | コメント (0)

ハイビジョン番組

自宅で使っているTV録画用パソコンは全部で4台ある。
そのうち2台は予備。
残りの2台のうち1台は地上デジタルが録画出来る端末。
この端末常時2本の番組がハードディスクに録画され続けていた。結構かさばるし、邪魔でどうしていいのかわからず、消すのももったいないのでハードディスクに入れ続けていたしかし、先日、どうしても邪魔になったし、年末年始の大掃除もかねて、データをDVD-RAMに移動するための準備をするため、ヨドバシカメラでDVD-RAMを購入した。
しかし、このDVD-RAMパソコン用の物を購入したため、全く記録できず。

どうやら地上デジタル放送をDVD-RAMに移動する場合、ビデオ記録用であり、かつ、CPRMという規格に対応している必要があるらしい。

そんなの知らないから普通のDVD-RAMを購入した。

しかし、自宅でやってみると、始めに、フォーマットしろと出てきた、そのため、フォーマットした、更にその後やってみたら、CPRM対応ディスクを挿入しろと出てきて、そのままになってしまった。

このため、今日秋葉原へ行ってCPRM対応のDVD-RAMを購入した。

1本目無事移動完了。
この後2本目も移動させる予定。

| | コメント (0)

クラウンハイブリッド試乗

以前トヨタでクラウンの3日間貸し出しキャンペーンを行っていた。
その時に申し込みをしていたのだけど、当選から漏れてしまった。
しばらくしてトヨタから試乗案内が届いた。

先日それを持って会社の近くのトヨタへ行ったら試乗OKとの事。
今日の試乗の運びとなった。

まず、乗った時シートが体を包むようような感じがした。しかし、ふわふわという事ではなく一定の堅さがある。

その後走り始めるとアクセルと動力の感じが、すばらしく、運転している事を実感させるような作りになっている。

走行音は静かというけど、駆動部分の音は伝わってくる感じがわかった。
また乗りたいと思わせるような車だった。

写真取り忘れた。

| | コメント (0)

2008年12月13日 (土)

さよならEF55みなかみ運転

本日高崎から水上間にさよならEF55みなかみが運転された。
実は、本日の切符、私の方で3枚取ってあったのだが、一緒に行こうとしていた友人からキャンセルが出たため、1枚をキャンセルした。その後、別の知人が行きたいとの事だったので、譲った。という事で本日はイベントへの参加はしていない。

先ほど、その知人が帰ってきて、お土産にと、EF55の乗車証明書とEF55の解説書とサボをもらってきてくれました。(買ってきてくれた)

この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。

Pc130357






追伸
来年1月17日は私も出陣予定。

| | コメント (0)

2008年12月12日 (金)

KATO製品カタログ【2】

KATOの2008年版製品カタログを購入した。

表紙をめくった次のページ、東京駅を再現したと思われる写真が載っているが、その中に何気なく載っている。E217系東海道線カラーが目を止めた。

さらに読み進めると、7ページにレールセットが載っているが、V1~V10まででV11、V12、V13がない(ないという事は来年1年は生産しないという事と思いきや実は144ページに表記されていた)

また、カタログ掲載の新予定品情報は以下の通り。

・3049-1 EF58-150宮原運転所
・3024-1 EF64-1000JR貨物新更新色
・3019-3 EF65-1000後期形
・7011-1 DE10耐寒形
・7011-2 DE10暖地形
・10-222 E3系1000番台山形新幹線つばさ
・10-558 383系ワイドビューしなの6両基本
・10-559 383系ワイドビューしなの4両増結
・10-560 383系ワイドビューしなの2両増結
・10-586 313系5000番台 6両セット
・10-587 313系2500番台 3両セット
・10-587 313系2300番台 2両セット
・10-567 E217系東海道線 8両基本セット
・10-568 E217系東海道線 2両増結セット
・10-569 E217系東海道線 5両セット
・10-598 14系寝台客車さくら 長崎編成8両セット
・10-599 14系寝台客車さくら 佐世保編成6両セット
・10-561 オリエントエクスプレス'88 7両基本セット
・10-562 オリエントエクスプレス'88 6両増結セット
・10-280 さよなら20系客車7両セット

ここまでがNゲージ、ここからはHOゲージ

・1-203 D51-498

ここまでの製品の中で来年の今頃どこまでが製品化されるかわからない。
KATOは発表だけして製品化しない会社なので、あまり当てには出来ない。

個人的には、DE10は絶対欲しいし、出す必要があると思う。
また、14系寝台客車は、やらずに1年経って、そのままお蔵入りしそう。
でも、HOのD51は昨年に続き予定品で掲載されているので近いうちやりそう。

以前の記事も修正したのだけど、製品化しない製品に関してはカタログに載せないようにした方がいいと思う。カタログに載ると(私もそうだけど)製品化されると思い、期待してしまう。ましてや小さい子供の場合、期待だけさせて製品化しないなんて事をすると大人は嘘つきと思ってしまう。(嘘つきなのはKATOだけなんだけど)


KATO担当者様
今後のカタログの生産に関する提案なのですが、現在御社では、毎月出荷する製品のポスターを出すようになってきていると思います。新製品の発表はこのポスターだけにして、カタログで新製品の発表をするのは止めたらいかがでしょうか。どうせ製品化しない車両もあるのですから。

なんて書くとKATO様からは1年内に製品化するなんて言ってないといわれそうですが、少なくとも、1年前から毎年カタログを作るようになったのですから、少なくとも1年間に新規生産出来るだけの製品を新製品としてカタログ掲載するようにしていただきたいと思います。

カタログに新製品として記載すると結構期待するものですよ。

| | コメント (0)

オリエントエクスプレス88【11】

昨日オリエントエクスプレスの記事を載せたらこちらの認識違いからの指摘を受けたため昨日の記事を削除した(ご指摘いただいた方ありがとうございました。ご指摘いただいたページを確認し、製品に問題がない事を確認しました。)

| | コメント (0)

2008年12月11日 (木)

KATO製品カタログ

KATO製品カタログがもうすぐ発売になる。
昨年から毎年発売に変更された。
内容も簡略化され、価格も下がり発売されている。しかし、内容が少なくなったのは来年生産予定の製品のみを掲載しているためとのこと。

KATOのカタログは1つの製品ごとに非常に詳しく書かれているので非常に参考になる。しかし、近年のKATOを見ていると製品カタログを作る意味が薄くなっているように思う。

近年、インターネットが普及し、パソコンはほぼ一家に1台の時代になっている。KATOでもインターネットで製品情報の告知をしているので、あえて情報書籍は不要と思う。

唯一必要とするならばレイアウトガイドぐらいだね。
なんて思っている。

カタログの変わるものとしてはインターネットの製品ページがそれに当たる。
製品のページをA41枚か2枚に印刷できるようにしておけば、カタログなんて不要である。

後は、レイアウトガイドだけを出しておけば用は足りると思う。
それにKATOはカタログで製品化予告をするけど製品化されない商品があるでしょ。だいたいカタログを開いて中身を見てみると1製品から2製品は製品化されない商品が存在する。

普通は、社外の人に自社の製品を紹介する場合、商品化を検討する製品を掲載することはあるけど、その場合は自社で製品化について吟味し、検討し、確実に製品化することが確定できる場合のみ一般に公開するのが会社だと思うけど、KATOの場合、ろくに吟味せず、気分で載せていると思われる。

どうやらマイクロエースとやり合っているようである。それにつき合わされているのは言うまでもなく我々ユーザーである。

玩具メーカーって、ユーザーをお客様と見てないケースがあるように思う事は以前からあった。KATOもそうだし、ゲームメーカーのエニックスも同様である。

社内で、予定として○月ごろと予定を出すのは言いとしても、お客様に告知する時点で予定ではなく確定であることを理解していない。

今日新しいカタログが出るけど、また、製品化しない製品があるのだろうな。

製品化しない製品に関してはカタログに載せないようにした方がいいと思う。カタログに載ると(私もそうだけど)製品化されると思い期待してしまう。ましてや小さい子供の場合、期待だけさせて製品化しないなんて事をすると大人は嘘つきと思ってしまう。(嘘つきなのはKATOだけなんだけど)

| | コメント (0)

2008年12月 8日 (月)

年賀状作成

昨日の年賀状ソフト購入し、今日は朝から年賀状作成をした。結局、昨日購入した筆ぐるめを使わずに、昨年の筆まめを利用して年賀状を作成した。

今年は宛名だけではなく、両面作成した。しかし、元々のソフトが昨年の物なのでサンプルが昨年の物が多く、手直しをしないと使えない。しかし、最近の年賀状ソフトって何でも出来る。デジタルカメラから写真を入れたり、サイズ変更や画像編集も可能で、書体も複数添付している。年賀状ソフトの値段は4000円前後で買えるけど、原価は数万円しそうな作りになっていた。使い方次第ではカレンダーも作れそうだった。

| | コメント (0)

2008年12月 7日 (日)

年賀状ソフト購入

そろそろ年賀状の季節。
我が家では、宛名のみをパソコンで作成し、文面は絵を描く。

宛名印刷のみのために、年賀状ソフトを購入する。
しかし、毎年購入するというのも非効率的なので、今まではマイクロソフト社のはがきスタジオを利用していた。
はがきスタジオは、年賀状を作成する際に、便利な点があった。マイクロソフト社の製品なのでOfficeとの連携が取れている点。宛先別に差出人設定が出来る点、一覧表示をした際に見やすい点などが上げられている。

しかし、2年前のバージョンアップを最後に製造されなくなった。

それを知らずに昨年になって新しく購入しようとして探していたのだが製品がなく、お店の人に確認したら製造中止との事。

仕方なく、ジャストシステム社の楽々はがきを購入した。ジャストシステム社の製品とは、私がパソコンを始めた時からのお付き合いがある。パソコンで初めて使ったソフトが同社の一太郎、それ以外にもATOKや花子などのすばらしい製品を出荷している。

日本の会社だし、マイクロソフト社にない機能があるはずだ。と思い購入してみると、住所録の連携はあるものの、宛先別に差出人設定が出来ない、一覧表示した際にイマイチ見にくいなどの点がありがっかりした。
これではまずいと思い、即、筆まめを購入し、昨年は筆まめで作成した。

で、今年は、新たに、筆ぐるめを購入した。以前、会社に勤めていた時に、筆王のサポートをしていた事があったけど、筆王もイマイチ使いにくかった。

Pc070356

| | コメント (0)

2008年12月 6日 (土)

運転会を開催しました

運転会を開催しました。
場所は横浜のイモン、広い線路でノビノビ走らせました。

本日はEF510とカモレを持ち出しました。
昨日購入したテッパクコンテナも持参しました。

Pc060352





追伸
本日はEL奥利根の運転日でした。

| | コメント (0)

2008年12月 5日 (金)

鉄道博物館へ行ってきました

今日は歯医者へ行ってから、鉄道博物館へ行った。
まず、大森の歯医者へ行って、治療し、その後、暇だったので辺りを散策した。
大森は、以前、私が会社に通っていたところ、時間があったので当時の会社まで足を伸ばした。しっかり確認していないのだが、どうやら、別の会社になった模様。会社の社名のロゴなどは外されていた。

その後大森海岸から京浜急行で、品川へ、更に東海道線、京浜東北線、高崎線を乗り継いで鉄道博物館へ行ってきた。

鉄道博物館では、まず、腹ごしらえという事で、牛肉弁当を食べた。
Pc050305





その後、館内を散策していたら、DE10の試運転をしていた。大宮総合車両センターでは、平日は、点検中の車両の試運転を行っているが、その試運転線が鉄道博物館脇まで伸びている。
Pc050319





本日はDE10-1073号機だった。
更に散策していると、ミニ運転列車の体験に申し込む事が出来たので、実際に運転してみた。ミニ運転列車は鉄道博物館開業当初から興味があったが、今まで満員で乗る事ができなかったものだ。

次の写真は車内後方から運転台を見たところの写真
Pc050326





今日乗ったのはE231系高崎線だった。
Pc050327





鉄道博物館ミュージアムへ行ったら、記念スイカがまだ売っていたので購入。更に、トミックスの鉄道博物館貨車、クッキーを購入した。
Pc050334





最後に大宮から上野に戻って来る時に、尾久で12系を見た。ムーミンらしき物は見えなかったけど。その後、自宅に戻ってから知人からメールが来て、尾久にいたらしい事が判明した。

| | コメント (0)

2008年12月 2日 (火)

Intel Corei7投入

11月末日Intelは新しい次世代のCPUとして『Intel Corei7』を投入した。インテルコアアイセブンと読むらしい。

しかし、

YAHOOの記事の下の方にコメントとして、『Corei7』=『コレイイナ』と書かれていた。
ローマ字読みすると、『インテルコレイイナ』と読めなくもない。

さすがにコレイイナと呼ばれるだけあって、パソコン雑誌によると内部の構造は、今までにない構造になっていた。(というかそもそもCore2シリーズがハイパースレッティングをサポートしない事からこのような事態になったわけである事も1つにある)

ハイパースレッティング技術とは1つのCPUコア中に、複数の演算装置があるわけだが、それらを有効活用する事で、あたかも複数のCPUコアが存在するように見せる技術である。
Core2シリーズの場合は、1つのCPU中に複数のコアが存在する。
で、
コレイイナの場合は、1つのCPUの中に複数のコアがあり、更にその中で複数の演算装置を有効活用しているわけである。このため、かなり効率のいい処理が実現可能なわけである。
また、メモリーコントローラをCPU内部に置いた事や、QPI採用なども特質される点である。

と、ここまで書いたところで思った事。

このCPUはどんな時に必要になるのだろうか。
私的には一生必要ないような気がする。

それと疑問が1つ、どうしてCPU名称がCorei7なのか。Coreiまではいいとしてどうして7?
7って奇数だよね。パソコンは2進数や16進数で必ず偶数になるはずなのだが。
開発の順番なのかと思いきや7なんて数字は出てこないはず。

これは究極の疑問だ。(コレイイナを意識しているとしか思えない。最近は日本のギャグを理解する外国人もいるのだろうか)

| | コメント (0)

JR東日本EF510投入の巻

このニュースは今日JR東日本から公式発表されたニュースである。
驚いた人もいたかもしれない。しかし、私は、ついにこの時が来たかと思った。

JR東日本はもともと機関車の利用を減らしていると思われがちだが実は、北斗星・カシオペア、北陸の運用などで結構機関車の利用はあると思っている。また、新型車両の甲種回送配給などでも利用している。そうやって考えてみると、機関車は鉄道会社には無くてはならない存在だと思う。

ブルートレインが減少する現在機関車の需要は減る一方である事は事実だが、
そんな中、JR貨物はDE10の後継機関車の設計を計画しており、どうやらハイブリット機関車になる模様。また、ハイブリット技術は、自動車会社だけではなく、鉄道会社にも広がっている。
以前に鉄道総研が開発した(と聞いた)ハイブリット車両は、車両内部にバッテリを持ち、パンタグラフで架線から電気を充電し、モーターへ伝えるという技術。これなら、架線のない区域も走行可能だし、架線の区域は架線から電気をとる事も可能という事で、将来はこのような技術が確立する事を祈りたい。

| | コメント (2)

ブログのEF55ネタ

今日は特別に書く事がないので、最近のブログのアクセス件数の動向について調べてみた。

ここ最近アクセス件数が以前に比べて極端に多くなってきている。原因はEF55ネタ、オリエントネタ、色々あるけど、時期的にはEF55ネタが一番大きいと思われる。

そもそもEF55を初めて見たのは尾久車両センターの一般公開の時だった。

それはそれで感動した。その後横川に旅行で行った時にD51の引く12系で行ったのだが、その写真を撮って、今度はEF55の引く12系を同じ場所で撮りたいと思った。

機会に恵まれないまま今日に至る。

そんな事があったので、来年運転するEF55碓氷は非常に期待している。しかし、これが最後のEF55になるのだからと思うと悲しい。

ところでEF55は来年1月に横川までの運転を最後になるとの事のようだが、現在までの所、その後の保存状態が公開されていない。(しかし、恐らくという噂は飛び交っている。横川保管とか高崎保存とか、鉄道博物館保管などである)
実際にはどうなる事やら、以前EF58-61号機も鉄道博物館保管という噂があったが、結局東京総合車両センターに保管されている。

以前EF65-535が保留車として、高崎に保存されているという記事を見た事がある。現在はどうなっているか不明であるが、EF55についても同様に車籍を残した状態で保存して欲しいものである。(元々EF55は国の特別天然記念物?だから解体される事はないのだが)

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »