« KATOナックルカプラーについて | トップページ | 総本山へ行ってきました。【3】 »

2008年11月 2日 (日)

KATOナックルカプラー搭載車の検証結果

昨日のEF64-1001&12系客車のナックルカプラーの取り付け位置のズレ問題に関して、私の家で所有するカトーの機関車のうち、もともとナックルカプラーが搭載されていた車両で、12系との連結実験をしました。
結果は以下の通りです。

【凡例】
○=高さ問題なし(高さがぴったりあっています)
△=微妙なズレあり(問題はない程度です)
×=ズレあり(こちらは確実にずれています)

■EF510+12系=△
Pb010193





■C62+12系=○
Pb010194





■EF64-1001+12系=×
Pb010195





■EF200+12系=△
Pb010196





■DD51+12系=△
Pb010197





■EF210+12系=○
Pb010199





■DF200+12系=△
Pb010200





■EF65+12系=△
Pb010201


実際連結してよく見るとEF65の方が連結器が大きく見えます。


■EF66+12系=○
Pb010202





■EF63+12系=○
Pb010203





■EF65貨物色+12系=○
Pb010204





■EF58+12系=△
Pb010205





■EF58+12系=△
Pb010206





でもEF64-1001と12系がずれている事は事実なのですね。しかも、ASSYの部品表で調べたら、今回の12系と以前に発売になった14系ゆとりの台車は共通パーツなので、12系でずれるって事は、14系ゆとりでもずれるって事。つまり、ゆとり碓氷号は再現できないって事ですね。

|

« KATOナックルカプラーについて | トップページ | 総本山へ行ってきました。【3】 »

鉄道模型」カテゴリの記事

カプラ高さ確認」カテゴリの記事

コメント

 コメントありがとうございました。
所有しているナックル装備車がEF63のみだったので大変興味深く、参考になりました。
同じメーカー、同じカプラーで再現したい編成ができないなんて、なんともお粗末な話ですよね…(^-^;

投稿: カステラトレイン | 2008年11月 2日 (日) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« KATOナックルカプラーについて | トップページ | 総本山へ行ってきました。【3】 »