« 本日のお昼 | トップページ | 書籍 »

2008年9月28日 (日)

KATO C62-18号機

KATO C62-18とモジュールレイアウト用のレールを購入しました。
以前にC62は東海道形を購入していたので、並べてみましたが、ほとんど一緒で、違いは燕マークの有無とナンバープレートがついている事ぐらいですか。

燕マークといえばこの18号機は下がりつばめというらしい。燕のマークの頭の部分が少し下を向いたような作りになっているためこう呼ばれたらしい。

私は最近の人で、18号機の現役時代を知らないので、突然、「下がりつばめ」といわれても当たり前のようにピンと来ないわけで、知り合いに「18号機って下り専用だったのですね。上りは2号機が牽引してたのですか?」って聞いたら、笑われました。

だってそう思うよね。知らないもんね。

で、実物のC62は北海道に3号機が保存されてて、京都の梅小路に、1号機と2号機がいるらしい。2号機は動態保存されて梅小路機関区内で走っているらしい。ってことまでは調べました。そういえば以前に品川にも来よね。

C62なんて珍しいから朝会社に行く時にいつも早めに家を出て見てから行ったっけ。
それから、さらに以前には、大宮工場の一般公開でも展示されたらしい。

と、ここまで書いたところで、よく考えたら、うちにはC62は2両もいるくせに、客車(スハ44系)は1セットも持ってないなと思った。

でも、客車って買うときりがないからね。とりあいずは買わずに様子を見る事にする。

P9280036_2 P9280029 P9280033





最後にKATOのC62って品番が2019-1と2019-2があるけど、実は、2019-2の方が2019-1より先に発売になっている。という事実のある製品。
恐らく先につばめ牽引のためにC62を作ろうとして、何かを失敗して、(恐らく燕ロゴに関する箇所)出荷できず客車の方が先にできたから、客車とロゴなしの東海道形を先に出荷したものと思われる。

|

« 本日のお昼 | トップページ | 書籍 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本日のお昼 | トップページ | 書籍 »